カンボジアンタイガーFCオフィシャルサイト
​​​​

News

新着情報

MCL2017 第14節 キリボンFC戦マッチレビュー

  1. 2017/07/30

MCL2017 第14節 キリボンFC戦マッチレビュー

7/29(土)、MCL2017 第14節カンボジアンタイガー FC vs キリボンFCの試合がホーム、シェムリアップスタジアムで行われました。

 

今回の試合では“3000”人の集客を1つの目標とし、個人のみならず学校などの団体単位でも無料招待を実施しました。果たして、今節でこの目標は達成できたのでしょうか?動員数の結果については、マッチレビューの終盤にて記載致します。

 

前節のリーグ戦(第13節 vs ウェスタンFC)では、先制点を取るも後半の相手の猛攻に耐え切れず引き分けに終わりました。今節でリーグ後半戦(2nd leg)初勝利をつかめるか。また、新監督オリオルのリーグ無敗記録の更新にも期待がかかります。

 

今節の相手は現在、リーグ最下位のキリボンFC。リーグ前半戦(1st leg)でも、6-1と大勝。優勝争いに遅れをとらないためにも、絶対に落とせない一戦となりました。

 

【先発】フォーメーション:4-1-2-3

GK: マイ

DF :コンペア、深澤、ラディー、ゴー

MF :リティー、ケイビー、チョーイ

FW :川畑、ティモシー、ペアヤング

 

【前半】

キックオフ直後の前半1分、早くもカンボジアンタイガーFCに決定機が訪れます。ティモシー選手からのセンタリングに対して、ボックス内に走り込んだ川畑選手がシュートをするも惜しくもバーに嫌われます。しかし、このチャンスをきっかけに、序盤からタイガーの猛攻が始まります。

前半8分、ティモシー選手のアシストからペアヤング選手が相手GKとの1対1を冷静にゴール右に流し込み先制ゴール。

さらに前半15分には、リティ選手の左サイドからのパスを受けたティモシー選手がペナルティエリア外から思い切りのいいシュートがゴールを突き刺し追加点を奪います。

前半27分にはまたもティモシー選手がセットプレーからのこぼれ球をペナルティ外から突き刺しネットを揺らします。

その後大きな動きはなく、前半は3-0で終了。前半だけでティモシー選手が2ゴール、1アシストと存在感を示しました。DF陣もキャプテン深澤選手を中心に、相手に決定的なチャンスを作らせず無失点と、良い形で前半を終えます。

ゴール後のパフォーマンスもバッチリです!

 

【ハーフタイム】

前半終了のホイッスルと同時に始まったスコールの中、ハーフタイムにはチームからは2つの重大発表が。

1つ目は、新加入デビット選手の紹介。彼は弱冠13歳で本チームと契約を結び、カンボジアリーグ史上最年少のプロフットボールプレイヤーの誕生となりました。今後の彼の活躍に期待が高まります。

そして、2つ目はチーム名の変更について。来季から、カンボジアンタイガーFCは、“アンコールタイガーFC”と名前を改めて活動していきます。新しいチーム名に込められた想いとは、多くの人に親しみを持ってもらうこと。アンコールワットは、シェムリアップの人々はもちろん、他の地域に住むカンボジア人、さらには我々日本人にとっても有名であり、カンボジアの象徴。“アンコール”という名前の下多くの人に愛着を持っていただけるクラブを目指していく狙いが込められています。

また、アンコールとは王国という意味を持っているので、アンコールタイガーを通じて、シェムリアップをサッカーの王国にしたいという、加藤オーナーの強い願いも込められています。

突然のスコールの中での発表となってしまいました。

 

【後半】

ハームタイム中に始まったスコールは後半開始直後に止むも、大量の雨により天然芝であるピッチはかなりぬかるんだ状態に。両チームともに、選手が足をたられる場面が目立ちます。

そんな中、後半16分にはティー選手に代わり、キャメルン選手が、25分にはペアヤング選手に代わり、セイハー選手、35分にはケイビー選手に代わり、ウドン選手が投入されます。

また、シェムリアップ出身のセイハー選手、キャメル選手がそれぞれドリブルで相手を翻弄しGKと1対1を迎えるもぬかるんだピッチに足をとられ、追加点は奪えない状況が続きます。

そして、試合終了間際の後半43分には、ダメ押しの追加点が。バイタルエイアでリズムの良いパス回しから、裏に抜け出した川畑選手が右足を冷静に振り抜きゴール。試合を完全に決定付けました。そして、2分後に試合終了のホイッスル。4-0の完封勝利となりました。

 

【試合結果】

7/29 (土) MCL2017 第15節

カンボジアンタイガーFC 4-0 キリボンFC

 

リーグ後半戦初勝利となりました。さらに、監督オリオルの就任以来のリーグ無敗記録も、7に更新。また今節の観客動員数は2090。目標の3000には届きませんでしたが、ホームゲームでは初めてとなる2000という数字を超えました。この調子で観客動員数も増やしていき、多くの方にカンボジアンタイガーFCの活躍を応援してもらいたいと思います。

 

【次節】

 

MCL2017 第15節

9/9 (土)  AEU戦

現地時間15時半(日本時間17時半)キックオフ

@シェムリアップスタジアム

 

引き続きカンボジアンタイガーFCの応援をよろしくお願いします!

次回試合情報

EDC FC

MCL2017 第18節
2017/10/22 6:00pm~
Svay Rieng Stadium

試合スケジュール

直近の試合結果

1-2

vsMinistry of National Defense FC
MCL 2017 第17節
2017/10/14 6:00pm~
Old Stadium

C-LEAGE

リーグ順位速報

2017年10月17日更新

現在の順位

7勝3敗7分け

6











サポーター登録はこちら