カンボジアンタイガーFCオフィシャルサイト
​​​​

News

新着情報

2017MCL 第11節 Westen戦マッチレビュー

  1. 2017/05/14

2017MCL 第11節 Westen戦マッチレビュー

5/13()MCL201711節カンボジアンタイガーFC vs Western Phnom Penh FCの試合が行われました。

 

今シーズンで前半戦(1st leg)の折り返しとなる第11節。(12チームでホーム&アウェイでのリーグ開催)

新監督のオリオル監督を招聘してから321分け。

現在プレーオフ出場権のある4位までとの勝ち点差4

ホームシェムリアップで、これまで321分のカンボジアタイガーFC

シェムリアップでの連勝なるか。

 

相手は、今季アーミー、クラウンなどの強豪に堂々の勝利を飾っている、現在8位のチーム。相手には日本人選手が2名在籍しているWestern Phnom Penh FCです。

 

 

 

【先発】フォーメーション:4-1-4-1

GK:マイ

DF:川畑、深澤、ラディ、ゴー

MFKB、リティ、チョーイ、セイハ―、ペアヤング

FW:ティモシー

 

【前半】

 開始からカンボジアタイガーがリズムをつくり、相手チームはシェムリアップスタジアムのピッチに苦戦をしいる形でゲームが進みます。前半3分、前半7分と前節からの改善ポイントであった、ピッチを広く使った展開で、相手陣内を切りくずしに入ります。前節出場停止だったMFチョーイ選手のロングボールから前線のFWティモシー選手にあて、そこからMFの選手に折り返し、サイドのセイハー選手、ペアヤング選手にパスをする形でフィニッシュまで持ち込むいいゲーム展開となります。

試合が早い段階で動きます。前半14分、ここまで数回チャンスのあったシェムリアップ出身のセイハー選手に右サイドバイタルエリアでボールがわたり、思い切ったシュートが、ゴールネット左隅に突き刺さり、約1,000人弱の会場のファンの熱狂とともに先制ゴール。カンボジアはキングバースデーという祝日の中多くの観客とともに、セイハー選手の初ゴールを祝いました。

その後もセイハー選手にチャンスが訪れ、またチョーイ選手の直接FKから追加点を仕掛けるも、決めきれず、前半44分を迎えます。

ここまで大きなチャンスがなかったウェスタンプノンペンFCのセットプレー。ゴール前でクリアするも混戦の状況で相手選手にボールを流し込まれ、1-1で前半を終えます。

 

【後半】

後半開始10分でまたウェスタンプノンペンFCのセットプレー。これも混戦の中を押し込まれ、ここで逆転を喫します。1-2。セットプレーで2失点目をしてしまいます。

後半22分、今日大活躍のセイハー選手に変わり、シェムリアップ出身のここ最近の交代の切り札であるキャメルン選手を投入。ここから相手の集中、体力が欠いてきたところに残り20分、怒涛の攻撃を仕掛けます。後半23分試合が早速動きます。右サイドのキャメルン選手にボールがわたり、ペナルティエリア右から、思い切りのいいドリブルと勝負で相手をかわし、最後はゴール目の前でペアヤング選手にラストパス、これをペアヤング選手がゴール右上に流し込み、ここで2-2の同点。

その後チャンスを決めきれず迎え、そして相手の攻撃をDF陣、GKを中心に全員で守り続けて迎えた後半42分、最大のチャンスが再度訪れます。カウンターアタックからティモシー選手が前線で体を張り、こぼれてきたボールにペアヤング選手が反応し、ゴール右隅に突き刺し、ここで逆転。3-2となり、そのまま試合ホイッスル。

 

これでホームシェムリアップで、これまで431分のカンボジアタイガーFC

最後はスタジアムに応援にきてくれた方々と、カンボジアタイガーテーマソングとともに喜びを分かち合いました。

 

 

 

【試合結果】

5/6() MCL201711

カンボジアンタイガーFC 3-2 Western Phnom Penh FC

 

【次節】

5/27() スバイリエン戦 現地時間15時(日本時間17時)キックオフ

シェムリアップスタジアム

 

引き続き応援よろしくお願い致します。

 

次回試合情報

ARMY

MCL2017 第17節
2017/10/14 6:00pm~
Old Stadium

試合スケジュール

直近の試合結果

3-0

vsCMAC
MCL2017 第16節
2017/09/17 4:00 pm~
Old Stadium

C-LEAGE

リーグ順位速報

2017年9月19日更新

現在の順位

7勝2敗7分け

5











サポーター登録はこちら