カンボジアンタイガーFCオフィシャルサイト
​​​​

News

新着情報

2017MCL 第6節プノンペン・クラウン戦マッチレビュー

  1. 2017/04/03

2017MCL 第6節プノンペン・クラウン戦マッチレビュー

4/2(日)、MCL2017第6節カンボジアンタイガーFC vsプノンペン・クラウンFCの試合が行われました。

 

第5節を終えて1勝1敗3分けで、今シーズン2勝目を狙うカンボジアンタイガーFC。今節の相手は昨シーズン2戦1敗1分けのプノンペン・クラウンFC(昨シーズン:リーグ10チーム中5位)。プノンペン・クラウンは第5節を終えて3勝1敗1分けでリーグ3位と好調なクラブです。好調なプノンペン・クラウンを倒し、波に乗ることはできるのか。

 

【先発】フォーメーション:4-4-2

GK:マイ

DF:コンペア、川畑、深澤、マカラ

MF:バタ、リティー、チョーイ、キリン

FW:ティモシー、ペアヤング

 

【前半】

 前半8分、早い段階でGKマイ選手のゴールキックからカンボジアンタイガーFCがチャンスを作りました。FWペアヤング選手からMFバタ選手にボールが渡り、バタ選手が冷静にゴールを決めカンボジアンタイガーFCが先制しました。

 

 一方、プノンペン・クラウンも度々カンボジアンタイガーFCを襲います。センターバックから攻撃を組み立て、カンボジアンタイガーFC側の右サイド、プノンペン・クラウンの南アフリカ人ストライカーであるボーイセン選手を起点にセンターバックからロングパスを多用します。また、右サイドバック・左サイドバックがワイドに深い所にポジションを取りポイントとなります。また、サイドからプノンペン・クラウンの攻撃の起点であるカンボジア代表ソクペン選手に短いパスを出し、リズムをつくりながら攻撃を組み立て、再三チャンスを作ります。

 

 しかし、カンボジアンタイガーFCのセンターバック日本人コンビのDF深澤選手、川畑選手が安定した守備でピンチを防ぎます。

 

このままスコア1-0のまま前半終了。

 

 

【後半】

 後半開始からFWティモシー選手を中心にチャンスを何回か作るも、勝利を近づける2点目を取ることができません。

 

 カンボジアンタイガーFCがなかなかチャンスを決めきれない中、後半16分、プノンペン・クラウンのFWで10番のソクペン選手に個人技で振り切られ技ありのゴールを決められます。

 

 その後も両者得点のチャンスをものにできない状態が続きます。

 

 後半25分MFマカラ選手に代えてスピードのあるクォ選手を投入します。川畑選手のポジションを1つあげてもう追加点を目指します。

 

 しかし、後半39分サイドからのクロスにプノンペン・クラウンのブラジル人選手が落とし、またしてもプノンペン・クラウンのソクペン選手に追加点を決められ1-2と逆転されます。

 

 その後はカンボジアンタイガーFCペースとなります。相手GKと1対1のチャンスやティモシー選手のヘディングがゴールポストに当たるなどするも、得点を奪えません。

 

 しかし、アディショナルタイム4分、試合終了直前、右サイドからクロスにこぼれたのをDFコンペア選手が右足でゴールにたたきこんで引き分けになったところで試合終了。

 

 

【試合結果】

4/2(日) MCL2017第6節

カンボジアンタイガーFC 2 – 2 プノンペン・クラウンFC

 

【次節】

4/9(日) ナショナル・ポリス戦 日本時間20時キックオフ

 

引き続き応援よろしくお願い致します。

次回試合情報

MCL2018 第1節

未定
~
Coming soon

試合スケジュール

直近の試合結果

2-1

vsNAGA WORLD FC
第 22節
2017/12/02 3:30 pm~
Siem Reap Stadium

C-LEAGE

リーグ順位速報

2017年12月3日更新

現在の順位

9勝5敗8分け

6











サポーター登録はこちら