カンボジアンタイガーFCオフィシャルサイト
​​​​

News

新着情報

2017MCL 第4節アジア・ユーロ・ユナイテッド戦マッチレビュー

  1. 2017/03/13

2017MCL 第4節アジア・ユーロ・ユナイテッド戦マッチレビュー

3/12 (日) MCL2017第4節カンボジアンタイガーFC vsアジアユーロユナイテッドFCの試合が行われました。

 

第3節まで1敗2分けといまだ今シーズン勝ち星のないカンボジアンタイガーFC。今節の相手は昨シーズン2勝0敗と相性の良かったアジアユーロユナイテッドFC(昨シーズン:リーグ10チーム中10位)相手に初勝利なるか。

 

【先発】フォーメーション:4-5-1

GK:マイ

DF:ティ、ユウゴ、マサ、ゴー

MF:バン、ウドン 、チョーイ 、キリン、ピサット

FW:ペアヤング

 

【前半】

開始早々ロングボールを互いに使いセーフティーに相手の様子を伺いながら試合を運びます。カンボジアンタイガーFCは試合序盤前線からアグレッシブにプレスをかけ、シュートまで行くものの決めることが出来ません。試合も中盤に差し掛かりボールが落ち着き始め、カンボジアンタイガーFCは中盤からサイドへ展開し、サイドからアーリークロスをあげ、攻撃を組み立てます。アジアユーロユナイテッドFCはロングボールを使い、昨シーズンまでボンケット・アンコールに所属していた、ナイジェリア人のベンガ選手を中心にサイド攻撃で試合を運びます。幾度とチャンスを作るもののカンボジアンタイガーFCのGKマイ、CBユウゴ、マサを中心にピンチを防ぎます。

両者均衡した状態で前半を終えます。

 

【後半】

後半スタートからキリン選手に代わってバタ選手を投入し、後半開始。

後半3分そのバタ選手がペナルティーエリア付近で倒されFKを獲得するもチャンスを生かせません。カンボジアンタイガーFCはその後も中盤からサイドに展開したり、後半投入されたバタ選手にボールを集め優勢に試合を運びます。

アジアユーロユナイテッドFCはショートカウンターで右サイドのベンガ選手を起点に攻撃を試みますがカンボジアンタイガーFCの守備陣が高い集中力を保ち幾度となく防ぎます。

後半36分バン選手に代わりケービー選手を投入。ここからカンボジアンタイガーFCはケービー選手がボールをサイドへ展開し、試合を優勢に進めますがなかなか得点まで結びつきません。

しかし後半45分カンボジアンタイガーFCケービー選手から右サイドへ展開ゴー選手がクロスを上げて、これを走りこんだケービー選手が頭で合わせゴール!!

 

この1点を守り切りカンボジアンタイガーFC今シーズン初勝利となりました。

 

【試合結果】

3/12(日) MCL2017第4節

カンボジアンタイガーFC  1  vs  0  アジアユーロユナイテッドFC

 

【次節】

3/19(日) NagaWorld戦 日本時間20時キックオフ

 

 引き続き応援よろしくお願い致します。

 

次回試合情報

MCL2018 第1節

未定
~
Coming soon

試合スケジュール

直近の試合結果

2-1

vsNAGA WORLD FC
第 22節
2017/12/02 3:30 pm~
Siem Reap Stadium

C-LEAGE

リーグ順位速報

2017年12月3日更新

現在の順位

9勝5敗8分け

6











サポーター登録はこちら