カンボジアンタイガーFCオフィシャルサイト
​​​​

News

新着情報

2017MCL 第3節ボンケット・アンコール戦マッチレビュー

  1. 2017/03/05

2017MCL 第3節ボンケット・アンコール戦マッチレビュー

3/4(土)、MCL2017第3節カンボジアンタイガーFC vsボンケット・アンコールFCの試合が行われました。

 

第1節、第2節とも引き分けており、未だ今シーズン勝ち星のないカンボジアンタイガーFC。今節の相手は昨シーズン2戦2敗のボンケット・アンコールFC(昨シーズン:リーグ10チーム中1位)。ボンケット・アンコールFCには、2016年シーズンにカンボジアンタイガーFCに所属していた日本人選手の村松知輝選手(FW)が所属しております。AFCカップ(アジアにおけるUEFAヨーロッパリーグに相当するアジアサッカー連盟が主催する大会)等、国際大会でも好成績をあげているカンボジアNo.1クラブ相手に今シーズン初勝利となるか。

 

【先発】フォーメーション:4-4-1-1

GK:マイ

DF:コンペア、深澤、ラディ―、ゴー

MF:マカラ、川畑、チョーイ、ピサット

FW:ティモシー、バタ

 

【前半】

試合序盤、ボンケット・アンコールFCの猛攻が続きます。右SBのゴー選手とボンケット・アンコールFCの村松選手のマッチアップから攻め込まれます。村松選手がボールを受け取り、SBゴー選手を素早いドリブルで振り切る形でチャンスメイクし、ボンケット・アンコールFCがカンボジアンタイガーFCのゴールを度々襲います。GKマイ選手の好セーブもあり幾度となくピンチを乗り越えます。

一方、カンボジアンタイガーFCは、FWティモシー選手とバタ選手を中心に果敢にゴールを狙いますが、フィニッシュまで持ち込むことができません。

前半44分、ついに試合が動き出しました。FWティモシー選手からのパスを受け、FWバタ選手が相手GKをかわし、今シーズン初ゴールを決めました。そして、スコア1-0のまま前半終了のホイッスルが鳴り、カンボジアンタイガーFC優勢の状態で前半を折り返します。

 

【後半】

SBゴー選手とボンケット・アンコールFCの村松選手のマッチアップからのチャンスメイクを防ぐため、後半から川畑選手を右SBに、ゴー選手とティー選手を交代させ、ティー選手がMFのポジションにつきました。

後半開始早々、左サイドからのクロスに村松選手が足で合わせ冷静に決め、同点に追いつかれてしまいます。

カンボジアンタイガーFCの選手も勝ち越しゴールを狙いますが、なかなかチャンスを掴むことができません。

試合が均衡する中、後半20分、ボンケット・アンコールFCのクオン・ラボラヴィー選手がゴール前で抜け出し、GKマイ選手と一対一となり、勝ち越しゴールを決められてしまいます。

その後、後半19分にペアヤング選手を、後半22分にセレイ選手と攻撃的な選手を次々と投入しますが、ボンケット・アンコールFCの堅守に阻まれゴールを決めることができません。

後半終了間際にも相手にPKを与えてしまい、決められてしまいました。

カンボジアンタイガーFC、2017年シーズン初勝利はお預けとなりました。

 

【試合結果】

3/4(土) MCL2017第3節

カンボジアンタイガーFC  1  vs  3 ボンケット・アンコールFC

 

【次節】

3/12(日) AEU戦 日本時間20時キックオフ

 

引き続き応援よろしくお願い致します。

次回試合情報

Kirivong Sok Sen Chey FC

MCL2017 第14節
2017/07/29 3:30pm~
Siem Reap Stadium

試合スケジュール

直近の試合結果

0 3

vsEDC
フンセンカップRound4
2017/06/21 3:00pm~
Siem Reap Stadium

C-LEAGE

リーグ順位速報

2017年6月28日更新

現在の順位

4勝2敗7分け

6











サポーター登録はこちら