カンボジアンタイガーFCオフィシャルサイト
​​​​

News

新着情報

<マッチレビュー>第15節カンボジアンタイガーFC対ナショナルディフェンス

  1. 試合情報

  2. 2016/08/08

<マッチレビュー>第15節カンボジアンタイガーFC対ナショナルディフェンス

8/7、第15節カンボジアンタイガーFC対ナショナルディフェンスでした。

前節、ボンケット相手に5バックで臨んだものの、5失点で大敗を喫したタイガーFC 。今節の対戦相手は1位ボンケットを追う2位ナショナルディフェンス。対戦成績はタイガーの1勝2敗。前回の対戦は村松知輝のゴールで先制するもFKとPKで失点し、1-2と悔しい逆転負け。今回はその時の雪辱を果たすべく、選手達のモチベーションは非常に高い。

 

<先発> フォーメーション:4-3-3

GKマイ(No.22 )

DF定國(No.14)、オム(No.6)、友廣(No.2)、セイハー(No.27)

MFター(No.4)、ダニ(No.44)、ペアヤング(No.8)

FWダイ(No.23)、吉原(No.48)、村松(No.9)

IMG_2322

 

<前半>

この試合は、木原正和監督兼選手が怪我のために出場することができず、中盤が不安視されたが、ナショナルディフェンスの強力攻撃陣を相手にタイガー守備陣が立ちはだかった。昨年の日本代表戦で得点を決めた現役北朝鮮代表のFWパク・ヒョクチョル、2005年のアジア最優秀ユース選手賞受賞したFWチョエ・ミョンホなど国際経験豊富な選手を前にひるむことなく、前半から積極的な守備を見せ、相手にチャンスらしいチャンスを作らせない。特にボランチで出場したMFターは身体能力を生かして競り合いに勝ち、中盤でボールを奪取すると前線のFW吉原正人、FW村松知輝、FWダイに素早くボールを預けるなど大活躍。友廣壮希を中心としたDF陣も気持ちのこもったディフェンスを見せ、なんとか無失点でハーフタイムを迎えることができた。

 

 

<後半>

前半、素晴らしい粘りで無失点に抑えたタイガーだったが、後半開始直後にクリアミスを拾われ、一瞬の隙を突かれ、先制点を献上してしまう。この失点で動揺したのか、前半見られなかったイージーミスが増え始め、一気に流れはナショナルディフェンスへ傾きかけた。

勝利を手にするためにはどこかで仕掛けないといけない。もうあとがないタイガーは、後半16分に疲れの見えたFWダイに代わり、FWヴィラックを投入し、同点ゴールを狙いにいく。一方のナショナルディフェンスは疲れの見えた終盤、サイドにボールを集めて時間を稼ぎ、勝利へこだわり続ける。

最後の1秒まで諦めずに同点ゴールを目指すタイガーの選手達の気持ちが見ている私たちの胸に響く。「なんとか1点取ってくれ!」と最後まで声援を送ったが、願いはかなわず、タイムアップ。0-1でナショナルディフェンスが勝利した。

IMG_2384

 

カンボジアンタイガーFC 0-1(0-0) ナショナルディフェンス

後半2分 失点

 

 

次の試合は8/13 カンボジアリーグ第16節ナショナルポリス戦です。

ニコ生用

 

この試合も日本時間19時30分より、生中継予定ですのでご視聴よろしくお願いいたします。

視聴予約はこちら→ http://ch.nicovideo.jp/cambodian-tiger

次回試合情報

Boeung Ket Angkor FC

第3節
2017/03/04 6:00pm~
Olympic stadium

試合スケジュール

直近の試合結果

0 0

vsNational Defense Ministry
第2節
2017/02/25 3:00pm~
Army stadium

C-LEAGE

リーグ順位速報

2017年2月25日更新

現在の順位

0勝0敗2分け

-











サポーター登録はこちら