カンボジアンタイガーFCオフィシャルサイト
​​​​

News

新着情報

<マッチプレビュー>6/12 第9節カンボジアンタイガーFC対ナショナルディフェンスFC

  1. 試合情報

  2. 2016/06/11

<マッチプレビュー>6/12 第9節カンボジアンタイガーFC対ナショナルディフェンスFC

 

 

<ナショナルディフェンス戦マッチプレビュー>

ここまで8勝1敗で首位と今季、カンボジアリーグで台風の目となっているナショナルディフェンス。昨季と所属しているカンボジア人選手はほぼ変わらないが、躍進の最大の要因は二人の朝鮮民主主義人民共和国の2選手であろう。特に2005年アジア最優秀ユース選手賞を受賞し、ロシアプレミアリーグでのプレー経験もFWチェ・ミョンホ(No.32)は8試合12得点と既にエースと呼ぶにふさわしい活躍を見せており、彼の存在なしではこの順位は語れないだろう。

また、ボランチのキム・キョンホン(No.31)もA代表経験こそないものの、中盤で攻守のバランスを取り、前線に鋭いパスを供給する非常に厄介な選手だ。

12654113_435752496622282_4777650275522018115_n

左端からチェ・ミョンホ、キム・キョンホン

 

ボランチのChrerng Polroth(No.24)は、カンボジア国内で人気急上昇中のイケメン選手でキックの精度はカンボジアNo.1の呼び名が高い。

さらには23歳ながらカンボジア代表33試合出場経験があり、先日の台湾代表戦でゴールを決めたChhin Chhoeun(No.17)も小柄ながら縦への推進力があり、カンボジアでは数少ないワンツーで抜け出すことができたり、状況判断が優れている選手なので要注意である。

13413990_1018224731607652_1390691438_n

※左がChrerng Polroth、右がChhin Chhoeun

 

 

 

対するタイガーは、前節ウエスタン戦でハットトリックと大活躍だったFW村松知輝が好調を維持しており、この試合でも得点の期待がかかる。カンボジアへやってきて6ヶ月経ったが、一時期に比べると体のキレが戻ってきており、紅白戦でも毎回得点を奪い、ゴールに対する意識は誰よりも強い。

また、怪我から復帰後5試合4得点と好調のFW吉原正人も健在だ。ナショナルディフェンス戦では得点もそうだが、187cmの長身を生かして前線でターゲットとなり、いかにチャンス作れるかが鍵となる。さらに2人には攻撃だけでなく、前線からの守備も求められるのでまずは体力的に余裕のある時間帯に先制点を奪いたいところである。

khgftra

 

唯一の懸念事項は、ここまで全試合出場してきた左SBセイハーの出場停止か。代役には今季初めの練習試合で大けがをして戦線離脱していたが復帰し、先日のフンセン杯スヴァイリエン戦で調子の良かったDFキリンが入る可能性が高い。アジアトップレベルのFWを相手に守備陣の奮起が期待される。

 

現在、首位ナショナルディフェンスとの勝点差は8。この試合を含め直接対決が2試合もあり、まだまだ逆転優勝可能な数字だ。

そして、この試合のキックオフ前にタイガーFCユニフォームを100枚配布する予定。

スタンドをオレンジ色に染めてこの試合に勝利し、サポーターとともに喜びを分かち合いたい。

 

 

 

そして、この試合を日本時間19時30分より現地カンボジアから生中継します。

 

カンボジアリーグ第9節 カンボジアンタイガーFC対ナショナルディフェンスFC

放送開始時刻:6/12 日本時間19時30分

視聴予約はこちら→ http://ch.nicovideo.jp/cambodian-tiger

 

ご視聴よろしくお願いいたします。

次回試合情報

AEU

MCL2017 第15節
2017/09/09 3:30pm~
Siem Reap Stadium

試合スケジュール

直近の試合結果

4-0

vsKirivong Sok Sen Chey FC
MCL2017 第14節
2017/07/29 3:30pm~
Siem Reap Stadium

C-LEAGE

リーグ順位速報

2017年7月31日更新

現在の順位

5勝2敗7分け

6











サポーター登録はこちら