カンボジアンタイガーFCオフィシャルサイト
​​​​

Report

活動内容レポート

5/28 「One Child,One Ballプロジェクト」セイハー選手の生まれ育った孤児院を訪問

  1. 1Child 1Ball

  2. 2016/06/20

5/28 「One Child,One Ballプロジェクト」セイハー選手の生まれ育った孤児院を訪問

カンボジアンタイガーFCは5月28日、「One Child,One Ballプロジェクト」を行いました。

 

今回は同プロジェクトに同行したインターン生・金田航弥が現地での様子を紹介します。

 

 

 

先日、訪れた先は昨シーズンからタイガーFCに所属するDFセイハ―選手(No.27)が12才から22歳まで育った「Peaceful Children`s Home」。

ここでは3~21才まで約40人の生徒が暮らしており、車から降りるといつものように子供たちが寄ってきますが、手を合わせてしっかりお辞儀をして挨拶をしてくれました。この施設は日本人の団体が管理していおり、彼らの儀正しさはそこからきているようです。

 

子供たちは久しぶりの来客に最初は戸惑っていましたが、セイハ―選手がユニフォームに着替えて登場すると緊張した様子ですぐに整列をし、セイハ―選手の姿を目で追っていました。サッカー選手を目の前にして目も合わせられないほど恥ずかしがっていた女の子たちにセイハ―選手も少し照れているようにも見えました。

 13401116_575061119341468_891378170_n

 

 自分のボールをもらった生徒たちは大興奮!

「僕たちも人生で初めて自分のボールをもらった時は、うれしかったよな」とスタッフの辻井が言っているのを聞いて彼らにとって今日は特別な日になったに違いないと感じました。

13348991_575061046008142_27323567_n

 

スクール中はセイハ―選手のアドバイスを真剣なまなざしで聞き、

最後のゲームでは、練習でやったことを実践しようとチャレンジしている生徒も見えました。

13393260_575061136008133_675084949_n 13348862_575061019341478_1236846129_n

 

小さい子はスクールには加わらず、自分のボールを大事そうに運び、女の子は独自の遊びを生み出し楽しく遊んでくれました。

13401100_575061112674802_1054747467_n

 

今回、お邪魔した学校にはサッカー欲のある子がたくさんいました。一人一つのボールをもらえたことでさらに練習を重ね、セイハ―選手のような無尽蔵のスタミナを持つ選手がこの学校から生まれる予感がします。今回もたくさんの笑顔が見れて、回数を重ねる度にこのプロジェクトの重要性や素晴らしさを感じることができます。カンボジアンタイガーFCはこの活動を続けていき、もっと多くの子供たちのもとへボールと一緒に笑顔も届けられるように活動していきます。

 

 

カンボジアンタイガーFCは、今後もカンボジア全土で定期的にOne Child, One Ballプロジェクト活動を行なっていきたいと思います。

 

応援会員特典などの詳細、お申込はこちらから!
http://www.cambodian-tiger.com/1c1b

 

次回試合情報

EDC FC

MCL2017 第18節
2017/10/22 6:00pm~
Svay Rieng Stadium

試合スケジュール

直近の試合結果

1-2

vsMinistry of National Defense FC
MCL 2017 第17節
2017/10/14 6:00pm~
Old Stadium

C-LEAGE

リーグ順位速報

2017年10月17日更新

現在の順位

7勝3敗7分け

6











サポーター登録はこちら