カンボジアンタイガーFCオフィシャルサイト
​​​​

News

新着情報

【5/25 海外インターン説明会開催】実際の参加者の声を紹介①

  1. 2016/05/13

【5/25 海外インターン説明会開催】実際の参加者の声を紹介①

 

 

現在、「カンボジアンタイガーFC」と提携クラブであるナイジェリア5部(新設)の「イガンムFC」のクラブ運営に携わる長期・短期インターン生を募集しております。つきましては5月25日に「海外インターン生募集説明会」を実施することになりました。

 

今回は、今春にカンボジアンタイガーFCのインターンとして参加しました毛利栄佑さん(国士舘大学4年)の現地での感想を紹介します。

 

 

【参加者の声】

12821406_128198367572516_4681489735706072821_n

 

毛利 栄佑さん(国士舘大学4年)

期間:平成28年3月5日~4月4日(1ヶ月間)

 

 

インターンシップの目的

主にサッカースクールの立ち上げ、プロサッカータームの運営を中心にした活動を目的にこのインターンシップに臨みました。一方で今まで一人で海外に出るという経験がなかったので一人で海外で生活してみるということも目的の一つにありました。

 

 

インターンシップ業務内容

・サッカースクールの立ち上げ

・トップチーム練習サポート

・One Child One Ball の企画運営

・クラブへのアイディア出し

 

 

目的達成のために工夫した点

Cc7Z-wNVIAAs5Xc 943848_141328532926166_6894533735600510568_n

サッカースクールでは現地の人に自分のことを認識してもらうために毎日フットサル上に顔を出し、飛び込みで参加させてもらいました。さらにフェイスブックを頻繁に更新し、とにかく友達の数を増やしてからサッカースクールの告知を行いました。

練習のサポートでは必要な仕事を自分で見つけ常に選手や監督に気を配りながら快適な練習ができるように心がけながら練習のサポートを行いました。

One Child One Ballプロジェクトではいくつかの学校を見ながら活動を行うために適した人数かどうかや協力的な学校かどうかを判断しながら活動場所を探しました。

クラブへのアイディア出しについては、何か使えそうなものはないか?こうすればもっと良くなるのではないか?ということを常に考えながら日々の生活を送っていました。いい案かどうかではなくとにかく案の数に拘って考えていました。

 

 

インターンシップを経て得られたこと

 指導 13151430_197442960648399_6331809915822572742_n

このインターンシップを通して、カンボジアということで、日本にいれば当たり前のようなことでさえ当たり前ではないという環境が初めての経験で日本にいても気付かないようなものに気づくことができたということ。

周りの人たちの指示で動くのではなく自分自身で考えて行動しなければならないという状況の中で、常に次のことを考えながら、考えて行動できる力が自分にはあるという自分自身の意外な一面に気づくことができました。

 

 

 

今後の学生生活や職業選択に与えた影響

私の場合、一人で海外に行ったことがなかったのでこのインターンシップを通して将来に対しての選択肢が日本に限定したものではなく世界に目を向けることができるようになった。また、周りの人が就職活動をしているから自分もするのではなく、しっかりと自分自身の考えを持って行動できていると思います。

 

 

 

今後参加を希望するインターン生へのアドバイス

IMG_0702

英語も話すことができない、何のスキルもない中で自分の目的だけをしっかりと持ってこの活動に参加しました。そんな中で、自分の中でそのような環境を自分で作り出すことができたということが成功体験につながったと思っています。目的よりもその環境に身を投じてみるということはすごくこの経験を通じて感じたことです。

まず初めに考えることは英語ができないとか、カンボジアの治安ってどうなの?みたいな考えを持つ方がほとんどだと思いますが、実際に行ってみて自分の肌で感じるということがとても重要であるとおもいます。私は今までサッカーばかりに取り組んできたので自慢にはなりませんが英語は中学レベル以下だと思います。自分の力でサッカースクールを立ち上げることができましたし、One Child One Ballでも言葉が通じない中で体育の授業を行うことができました。

そのような経験を踏まえてアドバイスできるような立場ではありませんが、一つだけ言えるとするならば、カンボジアに飛び込むだけの勇気があればそれで十分だと思います。

この報告書を読んだ方が少しでも挑戦する力になることができればうれしく思います。

 

 

 

<現地スタッフの声>

最初は英語が話せないと言っていましたが、それを全く気にせずに「まずは行動あるのみ!」と自分に言い聞かせながら現地のコミュニティに突進し、すぐに溶け込み、友達を増やしていった毛利くん。また、事前に現地の様子を調べ、自分がカンボジアでやりたいことを考えてきたが、現実は厳しく、壁にぶつかりながらも持ち前の行動力で道を切り拓いて成長していく彼の姿は見ていて頼もしかったです。どんな状況でも物おじせずにとにかく動き回った結果、貴重な経験を手にすることができたようです。

 

現在のカンボジアは経済発展が著しく、人々の生活水準が上がり、首都プノンペンには次々と街中にビルが建ちはじめています。しかし反対に少し中心部から離れると、未舗装の道にトタン屋根の家が建ち並び、苦しい生活をしている人々もいるのが現状です。

カンボジアンタイガーFCでのインターンを通して、その両方を実際に現地で自分の目で見て、何か感じてもらい、今後の就職活動や皆さまの素晴らしい将来に役立ててもらえたら幸いです。選手、スタッフ一同、現地でお待ちしております。

 

 

 

 

━━━━━説明会詳細━━━━━━━━━━━━━━━━ 
■日時:5月25日(水)19:00~20:00

 

■ 会場: 
〒103-0028 
東京都中央区八重洲1-1-3 壽ビル6階 
(株式会社フォワード オフィス内)

地図はこちら
 https://goo.gl/WCyNw4

 

■説明会内容 
・カンボジアンタイガーFCについて 
・イガンムFCについて
・トビタテ!留学JAPANの制度を利用をしたインターンについて
・夏季休暇を利用した短期研修プログラムについて
・オーナーへのQ&A 
・アンケート記入

 

■参加方法 
下記宛先に「5月25日説明会参加希望・所属学校名(または所属企業名)・氏名」を記載し、ご連絡をお願いいたします。
追って、参加受付メールをお送りします。

宛先
info@forward-inc.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■問合せ先
株式会社フォワード(西村)
TEL:03-6262-3584

次回試合情報

Preah Khan Reach Svay Rieng FC

第9節
2017/04/30 6:00pm~
Svay Rieng Stadium

試合スケジュール

直近の試合結果

6-1

vsKirivong Sok Sen Chey FC
第8節
2017/04/23 3:00pm~~
Kirivong Sok Sen Chey Stadium

C-LEAGE

リーグ順位速報

2017年4月24日更新

現在の順位

2勝2敗4分け

6











サポーター登録はこちら