カンボジアンタイガーFCオフィシャルサイト
​​​​

News

新着情報

カンボジアリーグ2016第6節ナショナルポリス戦 詳細

  1. メディア

  2. 2016/05/02

カンボジアリーグ2016第6節ナショナルポリス戦 詳細

本日は、カンボジアリーグ2016第6節ナショナルポリス戦でした。

前節、強豪ボンケット相手に互角の勝負を見せたタイガー。4月半ばにカンボジアのお正月ががあったため、2週間ほどの中断期間を経て、この試合に臨んだ。20日のフンセン杯で1試合15得点を奪ったFWヴィラックが1トップに入り、ボンケット戦でゴールを決めた長身FW吉原正人が左サイドに入った。

 

<先発> フォーメーション:4-2-3-1

GKマイ(No.22)

DF定國(No.14)、オム(No.6)、友廣(No.2)、セイハー(No.27)

MFティー(No.11)、ボウ(No.17)、ペアヤング(No.8)、村松(No.9)、吉原(No.48)

FWヴィラック(No.10)

IMG_1490

 

<前半>

立ち上がりに先手を取ったのはタイガー。開始1分、左SBセイハーからのクロスをペナルティエリア中央にいた吉原正人が胸トラップしたところをそのまま左足で豪快に決め、タイガーが先制。吉原選手はこれで2試合連続得点。

幸先良いスタートを切ったかに見えたが、その後はチャンスを作るもなかなか決めきれない。すると徐々にポリスがリズムをつかみ始め、タイガー陣内でのプレーが増えると、前半40分にPKを決められてしまい、1-1の同点で前半を折り返す。

 

<後半>

後半開始直後にCBオムがファールを取られ、イエローカードを受けてしまい、次節は出場停止に。その後もポリスの守備陣をなかなか崩せず攻めあぐね、膠着状態が続く。チャンスは作るもなかなか得点の匂いが感じられない。

 

このまま試合終了かと思われた後半ロスタイム、ドラマが待っていた。

 

右サイドを突破したペアヤングが中央にクロス。そこに待っていたのはこの日、途中出場のMFセレイ。フリーでヘディングシュートを放つとボールは相手GKの頭上を越えてゴールに吸い込まれ、土壇場でタイガーが勝ち越し。殊勲のゴールを決めたセレイにみんなが祝福しに駆け寄った。試合はこのまま2-1でタイガーが勝利。

 IMG_1524  IMG_1523

 

 

セレイは、昨年の開幕前に行われた一般トライアウトで唯一合格した選手。そして、この試合が今季初出場でプロ初ゴールを記録。今季は、なかなか出番が巡ってこなかったが、それでも腐らずに真摯に練習に取り組んだ結果がこの日の決勝点という形で現れた。彼にとってきっと忘れられない日になったに違いない。

13115701_10206794130550528_1996886534_n

 

 

ナショナルポリス 1-2(1-1) カンボジアンタイガーFC

前半1分 吉原(タイガー)

後半45分+1分 セレイ(タイガー)

 

 

 

次の試合は5/8 第7節ホーム・ナガワールドFC戦です。

この試合も日本時間19時30分より、生中継予定ですのでご視聴よろしくお願いいたします。

視聴予約はこちら→ http://ch.nicovideo.jp/cambodian-tiger

次回試合情報

EDC FC

MCL2017 第18節
2017/10/22 6:00pm~
Svay Rieng Stadium

試合スケジュール

直近の試合結果

1-2

vsMinistry of National Defense FC
MCL 2017 第17節
2017/10/14 6:00pm~
Old Stadium

C-LEAGE

リーグ順位速報

2017年10月17日更新

現在の順位

7勝3敗7分け

6











サポーター登録はこちら