カンボジアンタイガーFCオフィシャルサイト
​​​​

Report

活動内容レポート

3/18 【One Child, One Ballプロジェクト】 プノンペン市内のひろしまハウスを訪問してきました

  1. 1Child 1Ballメディア

  2. 2016/03/18

3/18 【One Child, One Ballプロジェクト】 プノンペン市内のひろしまハウスを訪問してきました

 

3月18日、One Child, One Ballプロジェクトの一環として、プノンペン市内の学校を訪問してきました。

 

今回、訪れたのはプノンペン市内にあるNPO法人ひろしま・カンボジア市民交流会が運営している「ひろしまハウス」。

2016-03-18 10.18.43 (1)

 

この施設ができたきっかけは1994年に広島で行われたアジア大会。

この大会からカンボジアは内戦後初めて国際舞台へ戻ってきた。この時に広島在住の日本人の方々がカンボジア代表選手団のサポートをしたのがきっかけでカンボジアの復興のためにまずは学校に行くことのできない子供たちを支援しようとこのハウスを建てたようです。

カンボジアでは珍しいこの赤いレンガの建物は寄付を募り、レンガを購入するだけでなく、日本から「レンガ積みツアー」を開催するなどし、着工から11年後に完成した。

 

私たちがハウスを訪れると20人ほどの子供たちが待っていました。

IMG_0883

 

まずはこの施設と繋がりがあり、是非一度訪れてみたいと提案してくれた広島出身の友廣壮希選手から子供たちに挨拶。

IMG_0925

 

その後、ボールを一人一人にプレゼント。生まれて初めてプロのサッカー選手を前に子供たちは本当に嬉しそうでした。

IMG_0887 (1)

 

満面の笑顔でボールを受け取る小さな女の子。ボールを渡したのは自称「カンボジアNo.1マスコット」のソンハーくんですが、やはりここでも大人気。

2016-03-18 10.21.17

 

 

その後、サッカーをしたい男の子は友廣選手と、女の子達はソンハーくんとともにボールを使って戯れていました。

IMG_0943 IMG_0935

 

約70年前の原爆から復興を遂げた広島のようにカンボジアも少しずつですが、発展してきている。

そんなカンボジアで、広島の方々が思いを込めて作ったこのひろしまハウスは非常に重要な役割を担っています。

この日プレゼントしたボールが、子供たちの夢を叶えるきっかけになれたら嬉しいですね。

 

 

今回のこの訪問ですが、ボールをプレゼントすることができたのは授業が午前の部の子供たち。

施設の場所もプノンペン市内にあるので今度はもっと多くのボールを持って訪問し、また、試合に招待したいですね。

 

カンボジアンタイガーFCは、今後も定期的にOne Child, One Ballプロジェクト活動を行なっていきたいと思います。

 

応援会員特典などの詳細、お申込はこちらから!
http://www.cambodian-tiger.com/1c1b

次回試合情報

AEU

MCL2017 第15節
2017/09/09 3:30pm~
Siem Reap Stadium

試合スケジュール

直近の試合結果

4-0

vsKirivong Sok Sen Chey FC
MCL2017 第14節
2017/07/29 3:30pm~
Siem Reap Stadium

C-LEAGE

リーグ順位速報

2017年7月31日更新

現在の順位

5勝2敗7分け

6











サポーター登録はこちら