カンボジアンタイガーFCオフィシャルサイト
​​​​

News

新着情報

9/3 W杯2次予選「日本VSカンボジア」観戦記

  1. メディア

  2. 2015/09/04

9/3 W杯2次予選「日本VSカンボジア」観戦記

こんにちは。カンボジアンタイガーFCオーナーの加藤明拓です。

昨日の日本対カンボジア(結果3-0)の代表戦。
私たちはカンボジアのプロサッカークラブを運営しているので、あえてカンボジア視点で。

写真 2015-09-04 18 59 22


試合を見ると、カンボジアがハーフラインを超えたのは10数回。
GK西川選手がボールを触ったのも数回。

しかし、非常に感動しました。単純に一生懸命頑張っていたからではありません。


カンボジアの選手がしっかりと戦術を理解し、最後まで集中力を切らすことなく戦い続けたことにチームとしての成長が見えた
ことです。


それはどんな戦術かというと・・・

ご覧になっていた方はわかる通り、徹底的に引いて裏のスペースを消しました。


また、ボールを持つ日本選手からも一発でかわされないように一定の距離を保ち、得点に繋がるような縦パスやドリブル突破をできるだけ防ぎ、日本にパス回しをさせる(時間を使わせる)という戦術です。


これは絶対に点が取れず、すごくラッキーで引き分けという戦い方です。
ボールへのアプローチをしないので、ボール奪取率が著しく下がるからです。


元来、カンボジアサッカーは戦術理解度が低く、個人プレーが多いスタイルです。


また、球際では激しい(アフター等の汚い)プレーが観られ、メンタルが弱く、2点取られると集中力を欠いて、大量得点される傾向があります。


その中で、いつもと違い、絶対にボールに飛び込まず、点を取られた後もそのスタイルを崩すことなく、だれることなく90分戦ったことに非常に成長と感動を覚えました。

写真 2015-09-04 18 57 07写真 2015-09-04 19 21 36


もちろん、日本が数回のチャンスをことごとく外したというラッキーな側面もあります。


一応日本人ですので(笑)、日本視点で見るとハリル監督がこの1戦をどういう位置づけで戦ったかはわかりませんが、大量得点を狙うのであれば、もっと両サイドから1対1を仕掛けてえぐって、折り返すことが必要だったと思います。


カンボジア選手が距離を取っていたので、勝負するエリアでもボール保有(パス回し)を優先していましたが、このレベルで強引にでも個の突破力で勝負できなかったら、よりレベルが高い相手に横パス・バックパスでボールを繋げても突破はできないと思います。


日本の観戦者からすると面白くない戦いだったかもしれませんが、サッカー超後進国のカンボジアでは、格上から勝ち点を獲得する上ではこのような戦い方がどうしても必要とされてきます。


そういう意味では、結果として勝ち点は取れませんでしたが、その可能性を高める1戦になったと思います。


そして、次回のシリア戦やシンガポール、アフガニスタンとの戦いでは、「勝ちにいく」サッカーにシフトすると思うので、それも非常に楽しみです。


今回、スタジアムで一緒にカンボジアを応援したサポーターや数百人いる私のフェイスブックのカンボジア人友達の反応を見ても、カンボジア国民はこの0-3という数字、そして、クリーンで最後まで集中を切らさない戦い方について、すごく満足している、と実感しています。

写真 2015-09-04 18 56 56 写真 2015-09-04 19 14 24


今の国民の盛り上がりを見ると、サッカーがカンボジアの誇りになっていることは間違いないと思うので、私たちカンボジアンタイガーFCも一緒にカンボジアサッカーを盛り上げていきたいと思います。

これからも、カンボジアサッカーならびにカンボジアンタイガーFCの応援をよろしくお願い致します。

次回試合情報

Preah Khan Reach Svay Rieng FC

第12節
2017/05/27 6:00pm~
Old Stadium

試合スケジュール

直近の試合結果

3-2

vsWestern Phnom Penh FC
第11節
2017/05/13 3:00pm~
Siem Reap Stadium

C-LEAGE

リーグ順位速報

2017年5月15日更新

現在の順位

4勝2敗5分け

6











サポーター登録はこちら